青春の思い出になるオリジナルのクラスtシャツを作ろう

デザインと業者選び

カラフルなシャツ

運動会や球技大会でクラスを盛り上げるアイテムの1つと言えば、クラスtシャツです。各クラスがオリジナルの クラスtシャツを着ていろいろな競技で競い合い、卒業した後もクラスtシャツを大事にとっている人も少なくありません。クラスtシャツは青春の思い出が詰まった大切な物の1つなのでこのように卒業後も大切に扱われているのです。クラスtシャツを作っている業者は多く、インターネットでの販売が盛んです。オリジナルのデザインを頼むのだから普通のtシャツより高くなるだろうと考える人もいるでしょう。しかし、そんなことはありません。普通のポロシャツと同じような値段から買うことができ、学割を実地しているところもあります。無地だけというような縛りはありますが、コストを抑えたい場合は便利です。 クラスtシャツはまずどんな色でどんなデザインのtシャツにするか考えなくてはいけません。またクラスの番号を入れたり一人一人の名前や出席番号を入れたクラスtシャツを作ることもできます。tシャツにもいろいろな生地があります、普通のシャツやポロシャツ、パーカーなどいろいろな生地にデザインを入れてオリジナルのシャツを作れます。デザインと生地が決まったら、各業者で見積もりをしてもらいましょう。使えるデザインや生地は業者によって異なりますが、1番気に入ったデザインが作れた業者や1番安く作れる業者やどこに注文をするか選んでおきましょう。みんなで納得のいく物を作れば一生の思い出になるtシャツができるでしょう。

個性のある物を着たい

男女

多くの場面で見られるオリジナルTシャツはどのように作られているのでしょうか。その一部をご紹介します。アイロンとTシャツとTシャツ転写紙があれば簡単です。トートバックや帽子にオリジナルの柄を入れたい場合は通販で頼むのもいいでしょう。

More Detail

シミュレーションで再現

選手

サッカーユニフォームを作るときにどう作ればいいか迷う場合、インターネットの業者に頼んで見ましょう。業者のサイトにはシミュレーションできるところがあります。気に入ったデザインを各サイトのシミュレーションを使って作ってみましょう。

More Detail

糸の組み合わせも大切

針と糸

パッチワークを始めるときに必要なのは針と糸、そしてハサミです。パッチワーク糸は、布と同系色の物を使うと仕上がりが綺麗になるでしょう。ただ、パッチワークではバラバラの色を組み合わせるので選ぶのが大変です。

More Detail